合わせていく

子どもたちの発達は、非常に個人差があると言われている。
身体面や精神面に関してもそうであるが、運動面や学習面に関してもその差はよくあらわれてくる。
とくに、勉強をするときに、その子がどういう教育を受けていけばもっとも伸びるのかということに関しては、個々によって全く違うだろう。

自分に合った勉強方法を見つけることができる子どもというのが、いわゆる「伸びていく子ども」なのではないだろうか。

子供のタイプ

おそらく、中学校や高校の時代が、もっともへ通う子どもが多いときではないだろうか。

よく、ご家庭で迷われるケースというのは、へ通わせようか、家庭教師を雇おうかという選択である。やはり、集団のなかでもまれてこそ、伸びていくのではないかということで一斉授業を選択される方も多いようである。
一方、一斉授業よりも、個に寄り添って、わからないところを徹底的に教えてくれる家庭教師のほうが伸びるのではないかという方もいるのである。

どちらを選択すれば良いのかということで迷うケースが多いといえる。

気楽に学ぶ

では、の要素も、家庭教師の要素も入れ込んで、良いところどりの指導をしてもらってはどうだろうか。
最近では、のように友達も周囲にいながら、プライベート空間で家庭教師のように指導してくれるというタイプのものが出てきている。

ここでは、自習スペースもしっかりあり、友達との関わりも十分にできる。一斉授業でおこなわれるテストも受けることが可能である。
しかも、わからないところつぶしも徹底的にできるということに加え、自分自身でやりたい勉強、学びたいことをどんどんと見つけていけるシステム環境が整っている。